PROGRAM講座紹介

Points of You®×アドラー心理学 〜幸せの方程式 完全版〜

日 時 2019年6月29日(土) 13:30〜16:30
地 域 中部
会 場 名古屋港ポートビル 6階 F会議室
費 用 3,000円
講座について

アドラー心理学 幸福の三原則
「自己受容」「他者信頼」「他者貢献」

Points of You®の3つの目的
「Open Heart」「BreakPatterns」「Sense of Belonging」

わたしは、この幸福の三原則を意識し、3つの目的を行動指針とするようになってから、自分を受け入れ、仲間を信頼し、共に歩むことができるようになりました。

ですから、この両者の中に何か幸せになる方程式が隠れているような気がするのです。

ワークショップに参加して方程式を解き、あなたにとっての幸福を見つけませんか?

今回のPoints of You®ワークショップは、2019年5月18日(土)奈良で行われ、Points of You®Japanカンファレンスで開催したものと同じテーマのワークショップをブラッシュアップ。

当日は、時間の関係で泣く泣くカットした部分も復活させた、いわば完全版。

カンファレンスでは、開催1週間前には満員御礼となった幻のワークショップです。

いままで、何回となくPoints of You®を体験した方も、新しい発見があるでしょう。

【このワークショップに参加すると得られるもの】

あなたは今、幸せを感じながら毎日を過ごしていますか?

Points of You®の写真カードを使って、アドラー心理学の幸福の三条件と現在の自分の状況を考えることにより、「あなたにとっての幸福」が解ります。

そして、自分にとって、何が幸せなのか?どうなれば幸せなのか?どんな時に幸せなのか?などの気づきが得られます。

【こんな方にオススメ】

自分にとっての幸せを発見したい方
どうすれば幸せになるのか解らない方
毎日モヤモヤしながら生活している方
自分と向き合い、対話したい方
写真カードが気になる方
何か新しいことを始めたい方
コーチングや心理学に興味のある方
Points of You®を体験したい方
コミュニケーションが上手くなりたい方
アドラー心理学に興味のある方
※当ワークショップは、アドラー心理学の講習会ではありません。

【ファシリテーター】

安田 伸也 ハンドルネーム メタル
Points of You®トレーナー・心理カウンセラー・コーチ・ブロガー  
年齢:58歳
出身・現在地:三重県四日市市
35年間勤務した海上保安庁を早期退職し、現在は主に東海地方でカウンセラー・コーチとして、またPoints of You®トレーナーとして活動している。

かわさきあやこ
Points of You®トレーナー
難病の治療をしながら、普段は人材コーディネーターとして、女性のキャリアに向き合う日々を送っている。

【最後に】

わたし自身、 35年間勤めた海上保安庁時代に、コミュニケーションが上手く行かず、うつやパニック障害、急性胃炎、中心性網膜症などストレス性の病気を経験しました。

そんな時にアドラー心理学に出会って心が安定し、現在は全くストレスを抱えることなく生活しています。

あなたも、自分にとっての幸福を探してみませんか?

定員8名のワークショップですので、お申し込みはお早めに!

受講メリット
申し込み方法

こちらからお申し込みください

トレーナー 安田 伸也

20 歳で海上保安庁入庁、海上保安官(いわゆる「海猿」)として 35 年間勤務した後、NLP (神経言語プログラミング)・アドラー心理学、イスラエル生まれのコーチングゲーム POINTS OF YOU®を学び、コーチ・カウンセラーに転身。
元海猿の、変わり種だが頼れるコーチ・心理カウンセラーとして、人生に迷う人々の救助活動を続けている。

【実績・経歴等】
潜水班班長を務めた海猿時代は、行方不明者の捜索・救助、ヘリコプターから海上や船へ降下して救助、転覆船・沈没船船内の捜索・人命救助に当たる。

また巡視艇船長・巡視船航海士として海難救助・海上犯罪の取締りや領海警備の任務に就き、覚醒剤を積んだ暴力団関係者の漁船を追尾、覚醒剤密輸事件の捜査、救命筏の漂流者を救助などドラマよりドラマチックな日々を送る。

在職中の海上保安庁長官表彰3回。

退職後は、命掛けの勤務経験からメンタルの重要性を痛感して心の問題に目覚め、特にアドラー心理学に傾倒、POINTS OF YOU®を使ったワークショップなどを開催して普及に努め、人々が幸せに気が付く種を巻いている。

また、心をすり減らしながら生きる現代人にむけて、楽に幸せに生きるためのメンタルサポーターとして活躍中。

 

ブログ:眼線をあげて:http://raise-eyes.jp/

instagramInstagram