EVENT活動報告

教育

部活指導に活かす~チームビルド・ワークショップ(高校編)

Points of You® Japan チーフディレクター 藤沢由美子です。

 

全国レベルの高校ダンス部での実践
-テーマは「チームを知る、自分を知る」。
新1年生を迎えた新チーム結成から、1ヶ月ほど経った5月25日

学年を超えたチーム力向上を目的として
Points of You®を使ったワークショップを山村国際高等学校にて実施しました。
1、2、3年合わせて、40名ほどのチームです。部員は全員女子生徒です。

※山村国際高等学校のHPはこちら

↑↑ ワークショップの写真が掲載されています。

 

このダンス部は、昨年3月に同じ内容のプログラムを行っています。
その昨年は、全国大会である「日本高校ダンス部選手権」に出場し『審査員特別賞』を受賞しています。
前回のワークショップでは1年生だった生徒たちは、3年生として参加してくれました。

今回は2回目の実施。

顧問の先生からは、事前に「学年ごとの壁を低くしてほしい」とリクエストをいただいており、

中間試験の最終日、試験が終わった開放感とともにワークショップを開始しました。

 

教室の真ん中に写真カードを広げ、一人一枚、「自分を表すカード」を選んだ後、
5,6名の学年をミックスしたグループに分かれて、スタート。

ワークは自分の写真カードを紹介すると、同じグループの残りのメンバーから1人ずつ、承認の言葉とともに新たな写真カードをもらえる流れです。

承認の言葉をかけると、かけた方も、かけられる方も笑顔になります。
2時間のプログラムが進む中、いくつものグループから聞こえる声はどんどんボリュームがあがります。

 

3年生は各グループで、初体験の1、2年生をリードするように言葉かけをしています。
それだけで生徒たちの成長を感じ、先生と何度も目配せし合う場面がありました。

最後に全員が1つの輪になり、1人ずつ自分のカードを紹介しながら振り返りを行いました。

 

振返りの言葉は、同校教諭の山村真理子先生が黒板に書き留めてくださいました。

(写真をご覧ください)

 

上記のように、たくさんの振返り、気づきが生まれています。。

すでにプログラム中で学年ごとの壁は低くなっている様子、
加えて、「~したい」という自発的な感想がたくさんあって、目を引きます。
チームビルディングだけでなく、自発性・意欲が引き出された印象です。

女子生徒のみなさんの笑顔からパワーをいただいて帰りました。
また今年も、活躍を楽しみにしております!

↓↓ ワークショップの会場の様子が掲載されています。

※山村国際高等学校のHPはこちら

instagramInstagram